プッシュ型営業とプル型営業、あなたが得意なのはどちら?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんにちは!笹西真理です。

 

 

今回は講師も身に着けておきたい!

プッシュ型営業について

お話ししますね。

 

 

プッシュ型営業とプル型営業、あなたが得意なのはどちら?

まずは

「やりたい仕事を自分で売りにいく」

真っすぐな行動の話です。

 

 

「え~~、講師なのに営業?」

と思われたかもしれません。

 

 

そうなのです。講師として活躍するには

「売れっ子」になるまでの営業が必要です。

 

 

プッシュ型営業というのは、

簡単に言えば、自分で「売りにいくこと」

 

 

売る プッシュ型営業

 

 

方法は様々ですが、一般的には

・電話でアポイントを取って売りにいく

・いきなり飛び込み訪問してみる

そう書くとハードルが高く見えるかもしれません。

 

 

けれど、片方で

「好きなお客様のところに行ける」

「売り先には何の義理もない」

など良い面もたくさんあります。

 

 

私がプッシュ型営業をしていたころは

「この会社の○○好きだな」

「一回、ここ行ってみたいかも」

「関係があれば安く買えるようになるかな」

 

 

なんなら周りにある美味しいお店を

事前リサーチしたりして、

時にゲーム感覚

営業活動をしていました。

 

 

行きたい会社(エリア)を選んで、電話をかける。

好きだから行きやすい。話しやすい。

 

 

コツは楽しむことです。

 

 

電話番号はどこで探すの?

というと、これまた王道HPの会社概要を

見れば載っています。

 

 

そんなメンドクサイ方法?

そうです、それが一番シンプルで

一番やりやすいのです。

 

 

自分の好きな会社、良いなと思う会社から

順番にかけてみるといいでしょう。

 

 

営業が出来ると安心!

一度「売れっ子」人気講師になってしまえば、

リピートや紹介など「営業」効率はあがっていきます。

 

 

しかし「講師」というフリーの仕事では

仕事がない時も必ずあります。

 

 

仕事がほしい!時に営業が出来ると出来ないでは

安心感が全く違いますよね。

 

 

たとえば、私事で恐縮ですが、

30歳で私が講師として独立したときには

不安はほとんどありませんでした。

 

 

それはいざとなれば、自分で売れる!

 

 

プッシュ型営業の経験がそれまでにあったので

不安にならずに済んだのだと思います。

 

 

まとめ

やったことがないことは誰でも不安になるもの。

 

 

まずは「自分の好きな会社」

「興味の持てそうな会社」を

リストアップしてみませんか?

 

 

もしかすると大好きな!関わりたい!

会社の講師になれるかもしれませんよ。

 

 

それも嫌だ!という方のために

別記事では簡単に「プル型営業」について

紹介しますね。

 

 

講師経験ゼロでも大丈夫! 得意な接客で研修講師になる方法「マナー講師入門」 メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事