マナーの基礎『CS5原則』

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんにちは!笹西真理です。

 

 

今回は

「必ずおさえておくべきCS5原則」

~承認欲求編~

 のお話です。

 

 

マナーの基礎『CS5原則』

マナーにも様々な分野があります。

 

 

テーブルマナーやビジネスマナー、

もてなしのマナーにキッズマナー、

ペットマナーなんかもあります。

 

 

全てにおいて大切なのが

マナーとは「思いやりの心」という理解です。

 

 

マナー 思いやり

 

 

では具体的に「思いやりの心」は

どう伝わるのかみていきましょう。

 

 

そこには、 

マナー講師になるには何から勉強すればいいの?

と思われる方のヒントがあるかもしれません。

 

 

ポイントは相手への「承認」です。

 

 

その「承認」を伝えると言われているのが

「CS5原則」

 

 

今回はその一番基礎となる

CS(マナー)5原則」を学びましょう。

 

 

どんな講座や研修でも

まずマナーの基本として話す内容ですから

ぜひ知っておいて下さいね。

 

 

『CS5原則』とは?

CS」という言葉を聞いたことがありますか?

CSとはCustomer Satisfaction

(カスタマーサティスファクション)

「顧客満足」という意味ですが、

 

 

昨今ではいろいろな場所やシーンで、

この「CS/顧客満足」という言葉を

聞く機会があると思います。

(テレビCMなどでも目にしますね) 

 

 

本当の意味でのCS/顧客満足は、

お客様に満足していただくため

商品やサービスをどのように提供していくかを自ら考え、

それを達成するための仕組み作りを

構築することによってもたらされるものです。

 

 

例えばお客様に気持ち良い

場所だな♡ お店だな♡と

感じていただくためには、何が必要でしょうか?

 

 

それは具体的な行動による承認なのです。

 

 

わかりやすく言えば、 

「いらっしゃいませ」や「こんにちは」等の

言葉がけや笑顔は、何のために行なっているのでしょうか?

 

 

ようこそ 承認

 

 

お客様を「ようこそ」とお迎えすることは、

ただ言ってるのではなく

お客様を人として「認めていますよ(承認)

ということの表れなのです。

 

 

これによって、相手は自身が

「歓迎されている」或いは

「お客様扱いしてくれている」と

初めて感じることが出来るのです。

 

 

 

まとめ

「承認」に関しては、

アメリカのマズローという心理学者が、

5段階欲求説」という説を唱えています。

 

 

次回は少しその内容を見ていきましょう。

 

 

講師経験ゼロでも大丈夫! 得意な接客で研修講師になる方法「マナー講師入門」 メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事